西島悠也の福岡の歴史の魅力。

西島悠也の思う福岡の歴史の魅力。歴史。

西島悠也

福岡県は中国大陸や朝鮮半島に近いことから、古代より交易や侵略の歴史を持ち、歴史的にとても魅力的な都市である。

 

弥生時代には日本で初めて稲作が伝えられといわれるのが福岡である。

 

現在の福岡市西区と糸島市の周辺に「伊都国(いとこく)」が、博多区あたりに「奴国(なこく)」が存在し、江戸時代に志賀島で発見された金印から奴国が実在したと考えられている。

 

そして、中世には2回にわたって元(モンゴル)の軍隊の襲来を受け、天正年間[天正1年〜天正20年(1573〜1592)]には豊臣秀吉によって博多の町割が行われた。

 

福岡県には古代から、九州の防備や管轄のための「大宰府政庁」や、外交及び海外交易の場である迎賓館「鴻臚館(こうろかん)」が置かれ、中国大陸や朝鮮半島との交流の窓口として重要な役割を担っていた。

 

街道や港、水運が発達していたことから、江戸時代には九州の交通の要衝を占めた。

 

県北西部の筑前国を福岡藩が、北九州の豊前国を小倉藩が、そして南部の筑後国を久留米藩が主に治めていた。

 

明治から昭和にかけては、筑豊地方で石炭の産出が盛んになり、これを活用して北九州工業地帯や大牟田に重化学コンビナートが形成され、日本の近代化と経済発展を支えた。

 

昭和17年(1942)には関門海底鉄道トンネルが開通して本州と陸続きになり、その後、平成23年(2011)には博多と鹿児島を結ぶ九州新幹線が全通した。

 

ざっと書き出したところでもこれだけの特徴がある福岡の歴史。

 

色々と紹介していきたい。