西島悠也の福岡の歴史の魅力。

西島悠也の思う福岡の歴史の魅力。構造。

 

西島悠也|福岡の歴史の魅力語ります。

福岡県には古代から、「大宰府政庁」や、「鴻臚館(こうろかん)」が置かれ、中国大陸や朝鮮半島との交流の窓口として重要な役割を担っていた。

 

 

明治から昭和にかけては、筑豊地方で石炭の産出が盛んになり、これを活用して北九州工業地帯や大牟田に重化学コンビナートが形成され、日本の近代化と経済発展を支えたそんな福岡

 

昭和17年(1942)には関門海底鉄道トンネルが開通して本州と陸続きになった。その後、平成23年には博多と鹿児島を結ぶ九州新幹線が全通した。

 

福岡の歴史を知る男 西島悠也が福岡の歴史はもちろん今後の展開について語りつくします。